法人概要

理事長挨拶

oohara
この度、新型コロナウィルス感染症で亡くなられた皆様に謹んでお悔やみ申し上げると共に感染されている方にお見舞い申し上げます。
また医療関係の皆様に心からの敬意を表します。

新型コロナウィルスが猛威を振るう中、政府は令和2年4月17日に全国へ緊急事態宣言を発令しました。
そこで道場及びジムの休館を余儀無くされた代表、並びに格闘競技者の方には大変、困難な時代になってしまいました。
選手に至っては日々、トレーニングからの疲労や食事制限で免疫力が低下している為、体調管理もままならない状態で試合に挑む事になります。
これは非常に危険な行為だと考えられます。
今年、日本で行われる予定だった『東京オリンピック&パラリンピック』も延期となりました。
この様なパンデミックが起きた場合、主催者側は特別対応として試合延期をし、選手が万全な状態で試合に挑めるようにしていただきたいと思います。
それが選手にとっても観戦される方々の為でもあると考えられます。
私も皆様と同じように1日も早い緊急事態の終焉を願っております。
50年後、100年後の格闘家及び格闘競技者の為に我々は日々精進していきたいと考えております。

2020年5月1日
日本格闘家協会
理事長 大原友則

【法人名】
日本格闘家協会®

【創立】
2013年5月17日

【役員】

代表理事:大原友則(おおはら とものり)

  • 1989年
    ボクシング プロデビュー(19歳)
  • 1989年
    第一回アマチュアシューティング大会中量級準優勝
  • 1990年
    シューティング(修斗)プロデビュー(20歳)
  • 1991年
    第二代ウェルター級王座獲得(22歳3ヵ月)
    ウェルター級史上最年少獲得記録
    1度防衛後、タイトル返上
  • 1993年
    プロボクシング復帰
    元全日本ウェルター級8位
    元全日本S・ウェルター級6位
  • 掣圏真陰流三段

相談役:小方康至(おがた やすゆき)

  • 1989年~1991年
    第一回~第三回アマチュアシューティング大会出場
    (第一回中量級三位)
  • 1991年~1996年
    修斗協会公認プロシューティングレフェリー
  • 1996年~1999年
    修斗コミッション審判長・クラスA審判員
    (コミッション設立、公式ルール制定、グローブ開発、海外公式戦認可等関与)
  • 1994年~1998年
    バーリ・トゥード・ジャパンレフェリー
  • 2006年~2008年
    掣圏真陰流審判団審判長
  • イマジン・小方生命学研究所所長
    《東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了後、国立遺伝学研究所助手等を経て小方生命学研究所設立のちイマジン・グローバル・ケア株式会社傘下。「生命学」(生物学に基づいた生命哲学)提唱。機能性食品「ブロリコ」「ゴーヤミン」研究開発・製造。
    ※研究所関係者は格闘技経験有り》

【経営理念】
格闘家及び格闘競技者の生活、又は引退後の生活を支援し、地位の確立に努める

【目的】
①格闘家の引退後、就職先を紹介する
②格闘家を認定し、地位の向上に努める
③総合格闘技と類似した競技と区別し、確固たる地位を創造する

【沿革】
2013年5月17日…一般社団法人 日本格闘家協会®設立
2013年10月1日…『日本格闘家協会®』商標登録認定
2014年5月1日…ホームページ開設

ブログカレンダー
2020年12月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
アーカイブ